オージェ、エルガイム、ミズン・アローン、グライア(資料)

重戦機エルガイム第11話「ジェラシー・ゲーム」から、プラモ用の資料としてスクリーンショット。

オージェ初登場。

ミズン・アローン。目の部分はカメラじゃなくてスクリーンになっているのか、表示パターンが変わる。ハッチの開き方は軍用アローンと同じかな…(たぶん)

軍用アローン。腕だけカラーリングが違う機体がいる。あとはレッシィがキャオに塗装させている機体。

グライア。レッシィが乗っていたのと同じ色の機体がまた出てきた。設定書にはパープルグレーの機体があったと書いてあるからそれかな。うっかり通常カラーで塗ってあるシーンもあるよ。

エルガイム。ワークスから降りるときのロック解除ギミック。この方式だと実際はかかとの長さがあって無理だろーなー
ランドブースターを背負ったままでもワークスに寝れるのね。
最後は足をやられたところ。むき出しだもんなー弱いよな。

(視聴後)
ネイ・モー・ハンが部下の13人衆2人を連れて再登場。なにしに出てきたのかという説明がない。反乱軍を鎮圧するのに、チャイ・チャーをあわせると13人衆のうち4人がミズンに集まっていることになる。ほかの星は大丈夫なのか。そもそもギワザ以外はパイロットっぽいけど、13人衆が軍人なのか政治家なのか、どっちも兼ねているのかいまいちわからない。敵対するステラ・コバンが理想とする王朝民主制(だったかな?)ってなんだ。ポセイダル治世は悪なのか。軍がだらけてる描写があるものの、ヤーマン狩りをしてるくらいで、悪政っぷりはさっぱりわからない。この作品、とにかく説明不足なのだ。
オージェはテストにちょうどいいってネイが言ってたので機体は新型ということでよろしいのかな。オリジナルから作ったレプリカとしての初実戦だったという解釈ができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*