タブレットペン清掃(Intuos Pro)

(公開日:2023年8月30日)
新しいペンのほうが使いやすいよ

職場でPTH-660を使っています。
タブレットペンの反応が悪くなり、意図しないところでクリックされるようになりました。

ということでPro Pen2を買った。
約一万円。予期せぬ支出。痛し。
PTH-660ってまだ現役なのね。というか、後継機種はでてないのね。今時はみんな液タブを使って、ペンタブ派はもう少数なのかもしれませんね。
液タブは高くてとっても買えません。(そこまで絵を描く人じゃないし…メインはイラストレーターだし…)

昔々、intuos2を使っていた時にもペンが壊れたことがあり、そのときは、8,000円だった。消費税は5%だった。
エアブラシペンも買ったんだけど意外に使えなかった。エアブラシなのにタブレットにペン先を接触させないと描けないという違和感。


新しいペンが届いたので、古いのを分解してみる。
機械は分解して中を見てみたい性癖の人なのです。

工具なしで分解できるところまでバラすと、汚れがすごい。
10年分の手垢かこれは?
そのわりに黄色っぽいのはなぜだ?

とりあえずアルコール洗浄した。無水アルコールを使いましょう。消毒用はダメよ。





そしたら復活した。
汚れのせいで接点がへんなところで通電していたっぽい。

というわけで、WACOMのタブレットペンの挙動がおかしくなった時は、分解して洗浄してみてください。
買わずに済むかもしれません。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + two =

*