ディザード、ゴロンゴ、バルブド(チャイ・チャー用)(資料)

重戦機エルガイム第15話「プライド」から、プラモ用の資料としてスクリーンショット。


ゴロンゴ。またカラーリングが違う機体が出てきた(´・ω・`)
すでにディザードは完成してるけど、レッシィはゴロンゴで戦って、オージェとの空中戦で負傷する。
B級ヘビーメタルで最新のA級とやりあえるレッシィさんはすごいのかもしれない。

ディザード初登場。
前々回で設計図を提供してもらってから、2話で完成。
A級に近いヘビーメタルをある程度の数そろえるのって相当な時間とお金がかかりそう。
劇中ではかなり時間が経ってるのではないかと思われる。
そんな演出はまったくないけど(笑)
反乱軍の財源はステラ・コバン自らの資産によるものだと考えられるが、領地からの収入で賄っているのかな?
先祖代々の資産かもしれないけど。
正規軍は反乱軍を正攻法でつぶすより、ヤーマン系の貴族である彼の収入源を断ったほうが手っ取り早くていいんじゃなかろうか。
あ、赤いディザードは画面には出てきますが大して動きません。まったく活躍しない。

初登場、チャイ・チャーのバルブド。
この回だけで退場。
赤・青・白と、ヒーローロボットのプラモの成型色か!っていうカラーリング。
カラー設定図を持ってないので、今回の絵を参考にして塗るしかないのです。
枚数が多いのはそのためです。

北爪作画でキャラ絵はよい。
メカ絵も一部よい。
チャイ・チャーさんは専用のバルブドで自ら出撃するけど、キャオの勢いに負けてあっけなく戦死。島田敏さんなむぅ。
チャイさんが反乱軍に忍び込ませていたスパイも、ちょうどよくバルブドの下敷きになってあとくされなく死ぬ。なむぅ。
これで13人衆がまた一人減った。11人になって、体制側の勢力が16%減。
日本でいうと衆議院と参議院で約700人として、56人が死んで(どういう状況だ)、56人が寝返った(レッシィ分)感じ?
けっこうな勢力だけど、まだ政権は取れないな(笑)

そしてスピリッツの謎。
スピリッツはキャオのゴロンゴと連携したあとすぐにレッシィのゴロンゴと戦闘を継続する。
たしか1台しかないはずだけど、同一機体だったらできそうにない素早さである。誰が乗っているのかも謎。
2人の乗るゴロンゴが同じ色なので、混同して戦闘の様子がわかりづらい。

最後。次回のネタバレしてますがな。

エルガイムは放送当時見たっきりで、今回はじめて見返していますが、設定のざっくり加減とご都合主義とキャラのステレオ的立ち位置っぷりがすごい(笑)
35年前のアニメに今の視点でツッコミを入れるのは卑怯ですけどね。当時はワクワクしてみてたんだからそれでいいよね。
ビデオがほとんど普及していない時代だから繰り返して見てツッコむやつもほとんどいなかったしね。
でも突っ込む。すまん(笑)

貯めていたお年玉を全部放出してビクターのビデオデッキを買ったのはこのころだったけど、当時14万円だったよ。
買ったはいいけど、ビデオテープが高くて(1本3000円位だった)ぜんぜん撮り溜めできなかったよ。だって標準で120分、3倍でも360分しか撮れないからね。
いまだにあの標準と3倍の違いがよくわからない。どーいう技術だったのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*