夢時間2020_0101〜

こんにちは。夢時間です。
毎日何かしらの夢をみています。
書き留めてない日は、忘れたか書く暇がなかっただけです。


—————————————-
2020/4/14
1
知人M氏がやたらとすり寄ってきて絡んでくる夢を見た。たまーに夢に出てくんねお前。絡むのやめてくれ。
2
駅に歩いていって、電車に乗る夢。いろいろすったもんだがあったようだがもやっとしか覚えてない。

ほかにもいろいろ見たけどわすれた。
—————————————-
2020/4/13
1
ルパン3世が敵の策略にかけられて追われてた。
銭形のとっつぁんが絡んでて、ルパンに「あんなやつの片棒をかつぐなんてとっつぁんらしくもない」と吐き捨てられてた。


どこかの小さい本屋に入った。なにかのドキュメンタリー本を探してた。うろ覚え。

この日はおおまかに4つくらいの夢を見たと記憶している。
メインは最初に見た夢だが、またしても内容を忘れてしまった。

—————————————-
2020/4/9
最近全然書く時間がとれないまま夢の内容を忘れていくなぁ。


2Dのゴチャキャラがわちゃわちゃ出てくるゲームをやっていた。やっていたのか見ていたのかよくわからない。
パズル要素があって障害物を避けつつ、何人か死につつゴールの扉までたどりついたらクリア。
クリアしたあと、2Dから突然3Dになった。
龍が如くみたいな普通の街の風景の世界にいる。
スラムのようなごちゃごちゃしたアーケード街に入っていった。客引きのおねいさんが立ってた。
店の前でハリボテっぽい衣装のバニーガールが呼び込みをやってた。
おいらは自転車に乗ってそこを駆け抜けてた。ゲーム世界にいるという認識の夢なので、移動もコントローラーで操作してる感じがしてた。


水曜どうでしょう的な夢を見た。最初は客観的にTVを見てるっぽい感じ。
見てたらいつのまにかそのなかに入ってた。
どこかしらない家にお邪魔していて、そこの奥さんに「突然おじゃましてすいませんねぇ」とかいいながら撮影している。男のお子さんが2人いるらしいが、いまここにはいない。家にいるのかどうかもわからない。
だれかに「天井に埋め込まれたセンサーの場所を入れ替えろ!」といわれ、配線を探る。
2つのセンサーの場所を入れ替える。「テストするぞ」ということになり、
嬉野Dがセンサーからカメラに配線をつなげて、カメラを覗いてる。「どぉ?」といわれる。
モニタを確認すると、ああ確かに藤やん的な人と嬉野さん的な人がうつってた。
センサーじゃなくてこれカメラじゃないの?
藤村Dと嬉野Dから「子供の様子を外から見えるようにするんだよ」的なことをいわれる。
職場からリモートで家の様子を見れるようにするのかな?って思った。


うーん見たことは覚えてるんだけど内容を忘れちゃったなぁ。
予備校が出てきたかもしれない。今はもうない札幌駅北口の代◯ミと札◯備の大通館あたりが出てきたかもしれない…
うろおぼえだなぁ。
私の夢の中に出てくる予備校は、どれも奇天烈な間取りの建築物だ。
1階が自転車置き場で、柱だけ。2階(つっても玄関だが)には、建物の中央にある階段で上がっていくようになっていたり、
周囲以外に壁がなくて中央の階段から互い違いにそれぞれの階の床があり、それごとオープンスペースの講義室になっているとか。
うーん文章では説明できないなぁ。

—————————————-
2020/3/30
おひさ。
久々に覚えてたので書いとく。


FPS的なゲーム世界にいた。なぜかマップは自宅。でもちょっと間取りが違う。
始まったばかりでレベル1。人魂的なもやもやする敵があらわれた。素手でダメージを与えられる(笑)。
やっつけて経験値を得た。部屋の隅にあるセーブエリアで休息すると体力が回復して自動セーブできるが、そのかわりなにかが減る。
体力は減ってるけど、もう一回くらい戦ったらレベルが上がるかも。ギリギリいけるかな。
というときに、尿意を催してトイレに行こうとする。そこに人魂よりはちょっと強げな、幽霊っぽい敵が現れる。トイレに入ると一緒にそいつも入ってくる。ガチャオシ(?)して攻撃する。
倒せたのかどうかわからないけどそこで目が覚めた。寝ながらなにか叫んでいたようだった。他の人がいなくてよかった。


女性二人になにか指図されていた。そのうちの1人が雑貨屋をやっていて、お店の中に入った。
つみかさなった商品のなかに昔のプラモがいっぱいあった。ダグラムからガリアンまで。その他いろいろ。いま俺がほしいものだコレ(笑)。一緒になぜかいたMAX渡辺社長といっしょに物色する。
ひとしきり買うものをまとめて、さあ支払いましょうか、というときになって、いっしょに探したはずのキットをMAX社長が独り占めしていた。激おこで抗議するが、聞いてくれない。
そこで目が覚めた。ちっくしょーこれまでマックスファクトリーのキットを何個買ってやったと思ってるんだっ!ふざけるなっ!などと、見た夢の内容に対して怒り始める。そのうち、夢に怒ってもしかたないと、冷静になる。
実際のMAX社長はお目にかかったことはありますが、物腰のやわらかい人で、マジにプラモ大好きなおっちゃんでした。決してこんなことはしないと思います(笑)


家の近くのバスターミナルから、家に向かうバスに乗ろうとしていた。乗ったバスは違う路線だった。夢の中で乗るバスはきまって目的地につかないのはなぜだ。
このままでは違う方向に行ってしまう。2つくらい先の停留所で降りることにする。降車口の前に犬を連れた人が2人いておしゃべりをしている。降りますよー。チケットを機械に通そうとすると、犬を連れた1人も降りようとしていたらしく、チケットがすでに機械の中に入っていた。強引に重ねて機械に通して降りる。
するとそこは繁華街だった。こんな場所があったのか。ついでだからよさそうな店を物色していこう。
しかしどこも行き止まり。どうやって路地を抜ければいいんだろう?
ある建物の1階のデッキからだれかが手招きしている。ここをとおれば向こうに行けるよ。的なことをいう。ありがとう、いってみるよ!
そこでふとあたりをみると武田久@日本通運(元北海道日本ハムファイターズ)がいる。もうひとり誰かがいたが、だれかわからなかった。
久とは知り合いという設定らしく、「久しぶり!」などと話をする。「もうひとりはだれですか?」的なことを聞いたような気もする。
そこでダラダラしてたら目が覚めた。


学校的なところから合宿っぽい感じになり、宿屋なのか借り上げの合宿所のようなところにいた。みんな学生服を着ていたので中学か高校かな。
その合宿(?)も終わりになったらしく、かたづけて引き上げないといけない。みんな片付けて掃除しろー。いろいろ荷物が散らばってるぞ。
とかゆってた。

5
ほかにもいろいろ見たような気がするが、おぼえていない。
1〜4の夢も覚えているところだけかきとめている。

—————————————-
2020/2/19
1
わすれた。

2
有野課長がファミコンというかSC-3000くらいのレトロゲームをやってた。
クソゲーらしくグラフィックが単調で、一定の要件を満たした箇所からジャンプするとフリーズするというバグがある。

3
そこからだれかの家に泊まったらしく、部屋にふとんが2つ敷いてあって、友人の黒い人と2人で寝てた。目が覚めてリビングに行くと
お母さんがいる。つづいて知り合いであるらしい女の人が現れる。そして「玄関のくつべら使ったらもとのところにかけておいてよ」などと叱られる。ええ…オレなんもやってないのになあ。
ひょっとして有野課長とか帰った時につかったのかなぁ。
前の夢とごっちゃになってる。
女の人には姉がいるらしく、「あとで会ってよ」的なことを言われるが、合わずに終わった。


さっきの夢からの続きでどこかの体育館みたいなところにいる。縁日の休憩所のように机と椅子がおいてあったような。
そこでやたらと現代的なアレンジのブルーノア主題曲がかかる。おおかっちょいいなー、でもなんでこの選曲?
と思ってた。

—————————————-
2020/2/15
一ヶ月もあいちゃった。
夢は見てますよーせわしなくて書き留める時間がないですよ。うろおぼえの夢が多かったからでもある。

1
会社から昼休みに外に出る。
石狩街道沿いに来ているらしいが、道が実際の2倍くらいの幅になっていた。
横断して向こう側に渡る。そこにある平屋の飲食店に入って昼ごはんを食べる。
今の会社の上司Yさんが一緒にいた。
なにを食べたか忘れた。焼き肉っぽいものだったかもしれない。
食事後に、また道を横断して戻る。プラモ屋があって、中にはいってみる。
昼休みもう終わるなー、会社に戻らないと…と最初は思っていたが、そのうち忘れる。
店の商品はガンプラばかりで、ほかのものはないのかーとうろうろする。
MGクラスの箱で、手足が収納されるアッシマー変形をして円盤状になるギラン・ドゥっぽいメカのキットがあった。
箱絵は手描きで今どきのテイストでイラストが描いてあった。
重機動メカをリファインしてるのかアオシマ!?
すげー!売れるのかよコレ!?と思ってたw

2
友達?知り合い?の家に来ているという設定の夢を見ていた。
だが、2階の自室にはだれもいない。人が住んでいるような部屋ではない。なにか機械のようなものが床に散見される。
1階に降りると妹さんがいる(たぶん妹)。
話しかけるが、なぜかあまり答えてくれない。嫌われてるのかな?
他にだれかいないのか。
もうひとり女の人が現れた。お姉さんですか?と言うと、
いいえーこの子の母ですーと返された。お母さんにしては若く見えたよ。
じゃあお父さんもどこかにいるのかな?
とあたりを見回すが、いなかった。
友達は最後まで姿を見せなかった。

3
庭でタイプ1のエンジンを調整していた。
ゆるんでいる部品を締めてた。
ちゃんと直して久々に乗るかーと思ったとき、
あれ、クルマは手放してしまったのにどういうことだ? 
ああ、今は夢を見てるのか…
と気づいて悲しくなった。
—————————————-
2020/1/15
昼を過ぎたらわすれたぁぁ

家の物置にしらんヤツが勝手に入っておもちゃをネットオークションで売りさばいてたので、怒って止めようとしてた。
のだけはおぼえてる。
その前にもなにか見たのは覚えてるんだが内容は忘れた。
—————————————-
2020/1/14

今日ももりだくさん。ぐっすり寝させてくれよ…

1
どこかの部屋で、ルパン三世と次元と五右衛門と不二子が話している。
なにか問題が起こっているようだ。
不二子が「やっぱりまたあたしが裏切ってると思われてるのかしら」と思っていた。
あとの細かいことは忘れた。

2
どこかの山の中でTVのロケをやっている。
音楽番組のようだ。
何組かのミュージシャンが歌った後、
細川たかしが歌い出す。
あたりには巨大なフキが生えている。
雨がふってきた。フキを傘代わりにすればいいや、と思ってフキの下に入るも、
フキの葉っぱの裏側についていた露がバッとおちてきて、結局濡れてしまった。
その後、イッテQ宮川探検隊のような雰囲気になる。スタッフは固形の携帯食料を岩についた露にひたして柔らかくして食事を摂っている。
木造の小屋があるが、これに泊まるとサバイバルっぽくないしなぁ。
道を挟んで向かい側に、椅子に座ってくつろいでいる外国人の男女がいて、TVスタッフに「君たちなにをしてるんだい?」と聞いてくる。
スタッフは撮れ高を気にしていて、いまYouTubeで流行っているというチョコレートのちょっとした技をみせようとする。
まず用意するのはチョコレート。名刺大の箱にチョコレートがぴっちり埋まっている。溶かしたチョコレートを流し込んでそのまま冷やして固まったようなものだ。
その表面をカードで上下にこすっていく。延々やっていくとチョコレートが削れて粉になっていく。
さらにやっていくとチョコレート全体が崩れてしまう。さらに続けると崩れたチョコレートが固まって一定の大きさの塊が何個かできていく。
その表面は決勝のように幾何学的な多面体になり、最終的には洒落たチョコレートのお菓子ができあがるという技だ。
うーん説明しづらいな。べつにYouTubeでこういうような映像を見たわけでもないのに
夢の中でこんな話になるのはなぜだ。別にチョコを食べたわけでもないし。

3
ビートルが庭においてある。
父親が運転して駐車スペースに入れるのを、二階の窓から見ていた。
ありえない入れ方をしてあちこちをガッツンガッツンぶつけだしたので悲鳴を上げてやめさせる。
フェンダーがガリガリけずれてリアバンパーは2つに割れて取れた。
車は元の色がだいぶはがれて、半分くらい金属地がみえていた。
そして、何色かは忘れたが黄色じゃなかった。高年式ではなかった。ということは前に乗ってた車じゃない。
低年式であずきテールだった。
左ハンドルか右ハンドルかは断定できなかった。

4
白黒アニメを制作しているところにいた。なぜか映像も白黒だった。
昭和30年代くらいの感じ。
フィルムを見ながら、こんな雑な動きで枚数少なくてもそこそこ動いて見えるもんだねぇ。などと思ってた。
なぜか自分は母親に中割りについて説明しようとしている。
だがなかなかわかってもらえない。


ナルト的な忍者世界にいた。
隠し装備を点検したりしてる。
あとは覚えてない。

—————————————-
1/10
1
病院に誰かのお見舞いに行く夢。
軽自動車の後ろ座席に母親と2人で乗っている。父親は前の座席だ。
軽貨物のバンに簡素な後部座席を広くおいたような感じ。だからもう貨物じゃなくて軽乗用だ。
この車の所有者らしき関西弁のおっちゃんが同乗しているようだった。
なぜか「この車は13歳の子供が運転していまぁす」と連呼する。
おいおい、それ法律違反だよ。
でも運転席には誰もいない(と認識している)。運転しているっつー子供はどこにいるんだ。
そもそも軽自動車は4人乗りだから定員オーバーだ。

というような状況下で、どこかの定食屋みたいなところからその車に乗って病院へいく。
ものすごく広い大きな総合病院で、何棟もの建物からなっている。
手前の3階くらいのバルコニーから全裸の黒人女性が上の階にのぼろうとしていた。
それをすぎると格子状のフィギュアを格納するボックスを人物サイズに巨大化したような建物があり、1つのスペースごとに1人づつはいっている。
どういう状況なんだこれ。
そのあとうやむやになって夢は終わった。

2
今の会社の人たちと知らない事務所にいる。
そこから外に出てある家を尋ねる。
その家は、今住んでいる家と同じ間取り。ただし微妙に違う。
今の会社の社長の家だった。
そこから会社に戻ると

3
前の会社だった。(大きなラボだけど建物の大きさが違う)
I岡さんとか、他の部署にいた人たちが登場した。
なにかのコピーをとろうと、使えるコピー機をあちこち探し歩いてた。

—————————————-
1/7
何回も目が覚めた。寝付くたびに違う夢を見た。
その内容はほぼわすれてしまった。覚えているのは次の2つ。
1
古いアパートの2階にいた。なぜか嫁さんがいた。そして外から誰か入ってくるんじゃないかと怯えていた。
2
横スクロールシューティングの夢。ゲームをしていたのかゲームを見ていたのかわからない。
クオリティはファミコンぽい感じ。ハードスクロール機能でぬるぬる動くけど処理能力の関係なのか
キャラクターは小さめで色数も少ない。
ステージごとに選択肢が出てくる。
その選択肢によってステージクリア後のストーリー展開とグラフィックが変わる。
選択肢にはタイニー風とかPC-6001風のものもある。
クリアすると破壊した敵の数か受けたダメージによってランキングがあるらしく、
判定がAとかSじゃないと真のエンディングが見られない。
真のエンディングと言っても、ステージごとにキャラクターがどんどん脱いでいくという脱衣ものなので
最後は全部ぬぐ?とおもわれる。
シューティングがうまくクリアできず、したがって最後まで行ってないので真のエンディングは見ていない。
選んだステージによって出てくるキャラクターが違う。なかには男のキャラクターもいる。長嶋一茂みたいなやつがいた(笑)おめーが脱いでも嬉しくないんじゃー。
最後にタイニー風ステージを選択してみたら、たしかにグラフィックだけはPC-6001風で4色で解像度も荒いけど
内容は3Dシューティングだった。実機じゃ無理よ。
—————————————-
1/6
仕事はじめ。次の日に会社に行くとなると、
とたんに眠りが浅くなるのがイヤ。
正月休み中はいやというほど眠れていて、おきるのがつらいほどだったのに。
緊張感があると途端にこうだ。どんだけ小心者なのでしょう。
夢はいろいろ見たけど、内容を書き留めていなかったら忘れてしまった。
—————————————-
1/2
初夢の日。
おそろしいことに仕事する夢を見ていた。
あとはがらんとした部屋にいて、残った荷物を運び出そうとする夢。引っ越しなのかな。
大学時代の学部の奴らと学校にいる夢も見た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*