夢時間2019_0424〜

こんにちは。夢時間です。
一日で1記事にするとウザいのである程度まとめてます。
個人的な備忘録です。はたしてこんなのに興味がある人はいるのか(笑)

—————————————-
4/24

バス

—————————————-
4/25

1
洞窟とか遺跡みたいなところにいた。
脱出ゲームみたいにあちこちを動かしたりして謎を解いていた。
広場みたいなところについたときに
ファンタジーRPGのキャラクターみたいな奴らがいっぱい出てきた。
あ、オレはゲームをプレイしてたのかな?
と思ってた。

2
ねていたら、廃品回収業者の声で起きた。おなじみの「…古新聞・古雑誌・空き瓶・スピーカー・プレイステーション…」などと鳴らし立ててるアレだ。
まだ起きる時間じゃなかったので腹を立てて「うっせーぞ!」と叫んで窓を締めた。
そのあとまた寝たのかどうか忘れたけど、尿意を感じて、トイレに行ったあたりで場面が変わった。

3
まだ夢の中だったようだ。
こんどは2DライクなアクションRPGをプレイしている。
プレイしていると、どこからかよゐこ濱口さんっぽい感じのツッコミが聞こえる。
「それじゃあかんねんー」とか、「そこさっき見たやんけー」的な。
てことはあたしは有野課長か(?)

ゲーム画面的だったけど、左右に揺れる何かにつかまって壊れた壁の穴から部屋の外に出たあたりで、
アニメっぽくなった。
こっちは冒険者のパーティで、庭園のところに敵の親玉らしき王様がいる。逆光で顔はよく見えないが
トーガを羽織った眼鏡のおっさんだった。どこのサラリーマン4コマだよ!って感じのキャラだ。
うしろには第一王子的な人がいる。どうもこの人は悪ではないようです。
第二王子のイケメンがこっち側のパーティにいて、父親を諌める的な展開になる。おまえはNPCか。
あたしはプレイヤー視点?なので、傍観者です。ドラクエの主人公はセリフがないのと同じ。

王様が「おまえらに勝ち目はない!」的なことを言うと、なんかあたりに拘束フィールド的なものが現れる。
向こうの方にいるのがローブをまとった人物で、ここの教区長みたいな立場の人。教会もグルになっているのかっ!
かちほこる悪。

そこにいいタイミングであらわれた仲間(僧侶と射手。射手はレンジャーかな?)が、僧侶の呪文「(ラスト)ジャッジメント」により
教区長てきな人を瞬殺。神の意に反した行動を取った聖職者がこれにかかると鉄槌が下る的な効果。善良な人には無効化。効果範囲:対象となる人物1体、持続時間:無効なら瞬時、有効なら罪に応じて任意。

これで拘束フィールド的なのが消えた。
そのあとなにかのうやむやな攻撃で王様を瞬殺。

第一王子的な人は別に悪くないようなので、悪い王様がしんで
「これからうまくやっていこう」てなもんでめでたしめでたし。
他人事のように「これからたいへんですね」というあたくし。
「王様が死んだことをどう説明するか。急病で病死したことにして国民に発表するとして…」
とかなんとか事後処理をどうするかの話になった
このあたりですぅっと目がさめた。

ああ、会社に行かなきゃ。
—————————————-
このあとどうエンディングまでいくと話が収まるのか考えてた(笑)
呪文名にヒネリがないのはあたしの語彙力のなさです(笑)

登場キャラには、昔やってたTRPGで使っていたキャラクターのなごりがあったなぁ。
んでキャラデザを変更しようとして登場しているキャラに直接絵を書く感じでキャラの主線を変えようとしたりしてた(うまく説明できない)。
第一王子さんはグラサンだった。はたしてファンタジーとは…

—————————————-
4/26

1
どこかの建物の中にいた。
2階から1階に降りると、社員食堂みたいなところがあって、
いまの会社が経営しているバーのマスターと従業員がいて、話をした。なにを話したかは覚えていない。


どこかの体育館でアバウトのメンバーと模型の展示会をしていた。
展示机がしょぼくて、布を敷き直したりしていた。
その後模型屋さんのバックヤード的なところでキットを物色してた。


自宅の近所に昔あったあやしいレンタルビデオ店に入った夢。
アダルトDVDを手に取る。女優さんがちょっと昔の人だった。
ほかのものをみていくと、VHSのふるい作品が棚に並んでいた。
レジにもっていくと、べつにこちらはなにもいっていないのに店の主人が「安く借りれますよ…ただみたいなもんですよ」
などと言って伝票を書き始めた。
4本で450円くらいだった。
そうね…タダみたいな値段だね…

今日の夢はよくわからんシリーズでした。

—————————————-
だいたい毎日夢を見るんですが、覚えてないときは書き留めてないのです。
少々間が空きました。

5/8
1
海辺で松が生えているカキワリのような地形のところで
お侍さんがなぐりあってた。負けると滅亡して相手に盗られるルールみたい。
HARAKIRIの一騎打ちかよ…
みんな鎧とか着てない。戦国時代ではない。


よゐこの2人が洞窟の中にいる。
なにかのロケの続きだったようだ。
この日はけっこうな勢いで雨が降っている。洞窟内には濁った水が流れている。
有野さん「こんなところいくの?今日はやめようよー」
濱口さん「そんなん関係あらへん、いくぞ」
みたいな会話をしつつ
水の中をバチャバチャ泳ぐ。
有野さんが洞窟に空いてたちいさな穴からむこうに頭を入れると、
なにやら小動物がとおりすぎる。
いっぱいいるようで、有野さんの顔の上を通り過ぎていく。
有野さん「わーこわい!わー」
エゾリス的な感じの動物だった。
そんなあたりで唐突に終わる。


家の近所にあるらしき架空の安売りのスーパーにいる。
今働いている会社の社長がいて、売り場に並んでいる大きいパック売りの塩辛だったかキムチだったかについての説明をしだす。
社長「これはうちが頼んで特別に作ってもらってるものなんだよ」
あたし「はあ」
社長「これうまいんだよ」
あたし「たしかに売れてますね。もう残り少ないですよ」
売り場ではそのあたりだけ品薄になっていた。
ほかにもなにかあった気がしたけどわすれてる。


大鉄人ワンセブンのプラモデルが発売になったらしい(←妄想)
今どきのキットはできが良いねー、などといってた。
やっぱりグラビトン攻撃は電飾したいな。
あらかた組んじゃったけどいまからLEDをしこめないかな。
赤いLEDをさがして電池をつないでみるんだけど光ると赤くない。黄緑だ(なんでだ?)。
わきにLEDユニットがおいてあった。
ああ、ちゃんと電飾できるようにしてくれてるんじゃん。
ていう夢でした。


わすれたけどなんかみた。

会社に行く日は朝方になると何回も目がさめるのがイヤね。別に尿意があるわけでもないのになんでだろう…
休みの日は起きないのに。遅刻を恐れてこーいう反応になっているんだと思うんだけど、どんだけ豆腐メンタルだ。

—————————————-
5/9
いろいろな夢を見たけど
AV女優てきなおねいさんがとうとつに服を脱ぎだしたところしか覚えてない。しかもそのシーンだけで前後がない。なぞである。
—————————————-
5/10
この日もいろいろ見たらしいんだけど覚えているのはひとつだけ。
特撮ヒーローもの的な感じで
街で暴れている敵ロボットに対して
マッハバロン的なロボットが出撃するとかしないとかうろ覚え。

ボスボロット的なネタロボが時間稼ぎしてコンビナート前で敵ロボをむかえうつ。
そのシーンは70年代アニメ調になってた。
ネタロボにのるのは主人公にあこがれる近所のガキ的なヤツ。うむ、たしかに70年代ロボットアニメものにありがちな展開だ。
そのロボのデザインが酷い。
下半身は普通の人型なんだけど、腰から上は床の上にむき出しの操縦席しかない。
ボコスカ撃ってくる攻撃をよけたり受けたりしてて、あぶないことこのうえない。
ときおり反撃するが、攻撃方法がよくわからない。操縦者が直接なにか手投げしてたりしてた。
夢はここまで。
結局その後どうなったんだろうね?

主題歌はテコンVのテーマソングみたいなやつだった(笑)。
起きたときはイントロは覚えてたんだけど(笑)、今はまったく思い出せない。
新たなパターンの夢は面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 5 =

*