タミヤ 1/24 フォルクスワーゲン 1300 ビートル 1966年型(1)

制作中:2019年〜
仲間内のカーモデルまつりの締切(5月4週)に間に合うかどーかわからないけどはじめてみる。

説明書通りエンジンを組んでいく。どうもボディはあとまわしにする傾向。やりたくないことはあとまわしだ。
エンジンの色は、タミヤカラーのメタリックグレイとアルミシルバー、クロームシルバー、セミグロスブラックを使うよう指示がある。
もってないのでMr.カラーで近い色を探して塗る。ガンクロームとシルバー、ウイノーブラックでどうにかする。
実車は土とオイルと防錆処理でちゃんとした色に見えなくなるから、こっちもあとでよごすことにするのでテキトーでよい。
マフラーなんか銀色なの見たことないぞ。交換直後は黒い錆止めスプレーの色だし、3年位経ったら錆びて茶色くなってるし。

ファンベルトとプーリー。プーリーはメッキにしてる人も多いけどここは指定通り。というか塗ってない(笑)。キレイな黒いパーツだし、つやもあるし、塗装しなくてもいいんじゃないか。

ファンベルトが太すぎて雰囲気が出てない。できるだけ薄くしてやる。
半分くらいの厚さになるまで削り込んだ。拡大するとあんまり変化ないような。でもエンジンにつけてみるとちょっとは違ってみえるよ。
ベルトはゴム製だから紙やすりでつやけしにしてやる。ここも塗ってない。

キャビン前方。ここはキットの指定ではボディ色だけど、カーペットを再現するためにグレーに塗った。
サイドも塗らないとイカンな…

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*