02

ローカルサーバとNASでDreamweaver CC2017の挙動が違う話

前回でローカルサーバのセッション保持期間を0にしてから、動作を検証中なのですが、それはそれとして気になる点があって、いちおう書いておくことにしようかと。

それはっ

Dreamweaverでファイルを編集するときです。
「サイト」機能の呼び出し先をNASに設定したときと、ローカルサーバ内に設定したときとで挙動が違う。
さあ検証してみましょう。

通常の場合

01
Dreamweaverでファイルを開いたとき。デザインビューは諸般の事情から検閲しております。
右のコードビューにはhtmlソースコードが表示されます。「ソースコード」っていうテキストが黒い角丸で囲まれてます。

スタイルシート

02
「ソースコード」の横に、関連付けているファイルが表示されます。スタイルシートとかjavascriptとか。
上の画像は、cssファイルをクリックしたところ。右画面にそのファイルの内容が表示されます。
これが正しい挙動です。クライアントPCからでも、ネットワーク上のNASからでもこうなります。

ローカルサーバのxamppでは

ところが。
ネットワーク上のPCにxamppを設置して、htdocs/フォルダ内に置いたファイルを呼び出して、同じことをやってみると
03
(´・ω・`)

エラーになっちゃうんだなぁ…
ネットワーク上のxmappからだとエラーになる(んだとおもう)。
クライアントのnamppからだとエラーは出ない。
なんで?

関連ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>